※即金性抜群※初月で30万当たり前じぇいオリジナルカウンターマーケティング

webマーケティング


じぇいです。

簡単とか即金って言葉が好きでは無いのですが…
初月から30万以上稼げる人続出の
即金性抜群のマーケティング手法が
確立できてしまったので公開したいと思います。


まさに、
成功への抜け道って僕の理念通りの手法になっています。


その名も、
じぇい完全オリジナル

”カウンターマーケティング”

です。


カウンターマーケティング???

なんだそれって感じだと思います。

 

マーケティング用語としては
存在しなく僕が勝手に作った独語です。


具体的な手法をこれからお話するのですが、
この手法かなり凄いです。

 

実際僕がやっても稼げましたし、
僕以外の人間にやらせても
稼げたので再現性も高いと思います。


しかも、やることは超簡単。
この記事を見終わったら今すぐにで試せます。
そしてすぐに結果が出ます。


「こんなにハードル上げて大丈夫なのか?」

と、思うかもしれませんが、
大丈夫です。


何故か?

この手法をFacebookで
ちょこちょこっと書いて投稿したところ、
大反響だったからです。


つまり、
既に僕の投稿を常にチェックしている人は
すぐに知ることができ、
そこで即金で稼いだというわけです。

 

ちょっとだけ話は逸れますが、
自分がマークしている、もしくは尊敬している。
もしくは好きな人のtwitter、Facebook、
You Tube、ブログの更新などの投稿をいち早くゲットし、
見逃すことがない、
SNS設定方法知っていますか?


これ意外と知っているようで知らない人多いので、
必ず設定して置くことオススメします。

⇒ 【SNS利用者必見】大損しない為のSNS設定
(twitter、Facebook、You Tubeなど1つ1つ設定方法解説してます)

さて、前置きが長くなってしまい
すいません。

 

ダイレクトメッセージマーケティング



今日の本題に入ります。
まずカウンターマーケティングを教える前に、

”ダイレクトメッセージマーケティング”って知っていますか?

色々聞き慣れない言葉が多いと
嫌になってしまいますね。

 


ダイレクトメッセージマーケティングとは、
あなたも1週間に1回くらいは体験しているかもしれません。


よくSNSを通して知らない人から
友達申請来たりしませんか?

twitterだったら、勝手にフォローされるということです。

 


その後必ず決まったアクションがありません?

そうです。
ダイレクトメッセージが届く筈です。

 


そして、
そのダイレクトメッセージには


「初めまして。●●と申します。
友達承認ありがとうございます。

私は普段サラリーマンをやりながら
副業で投資をやっていて
毎月20万円の収入をほぼ完全自動で得ています。

また、その方法を教えるコミュニティーがあって
コミュニティーに参加している方々
皆さん成果を出しています。

せっかくこうしてあなたと繋がることが出来たので
良かったら私が自動で20万円稼いでいる方法お教え致しましょう?

もし、ご興味があればご返信ください。」


上記のようなダイレクトメッセージです。

 


絶対誰も一度は経験したことが有るはずです。

 

もしかしたら、
知っているどころか既に私やってます。
みたいな人いるかもしれませんね。


もし、そのメッセージに返信すると・・・

 

自分の悩みや不安を聞いてきます。
そして何回かやり取りして、
相手の警戒心が解けてきたところで。


「先ほどお話しした私が稼いでいる方法お教えするので、
こちらのメールマガジンに登録してみてください。」

 

とか、

 

「私が稼いでいる方法を5万円でまとめたので、
ご興味ありませんか?」

 

とか、

 

「せっかくこうしてやり取りさせて頂いたご縁なので、
10万円でコンサルティングしてあげますよ。
10万円のコンサルティングで毎月20万円自動で
稼げるようになるならお互いwin-winじゃないですか?」


みたいなセールストークが始まります。


要は、ダイレクトメッセージマーケティングをまとめると、

 


ステップ1
友達申請するor友達承認するなどで友達になる

ステップ2
友達になった相手に自己紹介のダイレクトメッセージを送る

ステップ3
返信が来たら相手の相談や悩みを引き出し
徐々に自分の商品ならその悩み解決できますよ。
という流れに持っていく。

ステップ4
ある程度警戒心が解けたら、
自分の媒体に誘導したり、自分の商品を売り込んだりする。


これがダイレクトメッセージマーケティングです。

 

とっても簡単でしょ。
だからこの手法初心者に超オススメです。

 

僕もビジネス始めたばかりの時
この手法をやって1ヶ月で150万円近く稼いだことがあります。

 

僕のコンサル生にやらせても
同じように1ヶ月で100万稼いだり。


なので、完璧な労働作業ですが、
お金を稼ぐという意味では初心者には超オススメです。


と、これで終わってしまうのが普通でしょうね。
これだったらいろんな教材に書いてあるので。


ただ、僕のビジネス理念は何度も言っていますが、
成功への抜け道です。

 


ブログのバナーに
「僕は成功への道は一つではない。
道は百も千も万もあると思う。」

と書いていますね。


その辺の誰でもやっている手法
もちろん稼げますし、
ダイレクトメッセージマーケティングはオススメです。

 


でもそれよりも効率的に
確実に稼ぎたくないですか?


そこで思いついたのが、

じぇいが提唱する禁断マーケティング

カウンターマーケティング

です。

 

 

カウンターマーケティングとは?



さっさと教えろよと思うかもしれませんが、
このカウンターマーケティング
先ほどダイレクトメッセージマーケティングを
理解していないと出来ないんですよ。

 

どんな内容かと言うと、
カウンターマーケティングとは、

「相手の力を逆手に取ったり、
自分が不利な立場な時に逆転する手法」

です。

 


意味で説明するより
具体的な使い方を例にお話したら一発で理解できるかと思います。


僕のFacebookには1日10~20件くらい友達申請がきます。
とりあえず、メルマガ読者さんの可能性があるので、
怪しいアカウント以外は申請が来たものに対しては
極力承認するようにしています。


ただ、ここで厄介なのが、
先ほどお話ししたダイレクトメッセージマーケティングを仕掛けてくる
ダイレクトメッセージ隊です。


1日に知らない人からダイレクトメッセージが来る来る。

 

しかも、
テンプレート的なのが有るのだと思うのですが、
みんな同じような内容のしょうもないメッセージ。

 

(下記は実際に送られて来た内容をそのまま掲載しました)



「僕に月収20万円のアピールって!」

「20代で1500万円の借金なんて甘い!」


こんな相手のプロフィールを見ない
舐めたテンプレートやろうばかりなので、
ちょっと言い返してやりました。

(これは1通目に人に対しての返信です)


我ながらかなり、嫌味っぽいですし最低ですよね。笑

今見ると僕も小学生かって!
レベルの返信ですが、
毎日何十通も届いてくると時々こうした返しがしたくなります。

 

しかも、普段Facebookメッセージで
人とやり取りしないなら全然良いのですが、
読者さんや極稀にちゃんとビジネスを学びたくて
いきなりメッセージ送ってくる人もいるんです。

 


僕もビジネスを始めた10代で一番最初にした事が、
Facebookで社長という肩書に片っ端から
メッセージを送ってやりとりして
全員と会ったりしていたので。


だから、このスパムメールのせいで
その人達とのやりとりが流れてしまって
気付かず返信できないときとかめちゃくちゃムカつきます。

 

 

カウンターマーケティングの手順


そこで、僕は考えました。


この迷惑をかけてくる奴らを上手く利用できないだろうか?

そこでまずダイレクトメッセージマーケティングを
やっている人達の分析を始めました。


・彼らは自分の商品や媒体を売り稼ぎたいと思い行動している

・彼らは少なからずビジネスについて勉強している

・ただレベルで言うと初心者

・スパム的にメールを送っているのでメッセージに返信すると
開封率や返信率は異常に高い事が想像できる

・興味がゼロの人間より多少自分のジャンルに
興味がある人の方が見込み客にしやすい

 


結果、彼らはメッセージを返してくる人をカモだと思っている。
メッセージに返信してくる=カモが餌に食いついた。という認識。

 

こちらがやる事としては、
自ら餌に食いついたフリをして、
食おうとして来る力を利用して
こちらが相手を食い返すマーケティングを思いついた。


つまり、これがカウンターマーケティングだ。


手順は簡単。

ステップ1
友達申請or友達承認してこちらからダイレクトメッセージを待つ

ステップ2
ダイレクトメッセージが来て、
ダイレクトメッセージマーケティングだとわかったら
わざと興味を持ったフリをして引っかかる

ステップ3
相手とのやり取りが始まったら、
徐々に徐々に会話のマウントを取って
気付いたらこちらが相手にアドバイスをしている状況を作る

ステップ4※ここが重要※
決して自分から商品を売り込んだり
メルマガ登録等の行動を促しては行けない。
相手から「じぇいさん商品ってないんですか?」
「じぇいさんってブログとかやってないんですか?」
と言いたくなるようにメッセージで誘導する。

 

ここで自ら売り込むと警戒される。
仮に向こうから来て来なくても、
Facebookやtwitterなどやり取りしている媒体に
自身のメディアを掲載しておけば
やり取りが終わった後に勝手に登録したりしてくれる。


これがカウンターマーケティングです。

簡単でしょ。

 

 

カウンターマーケティング実績



ちなみに、この方法を試した所
僕は1日で50万以上稼げました。

 

とは言え、そんなことを言うと
「じぇいだからできるんでしょ?」

と言われるのは目に見えているので、
僕のコミュニティー生に教えたら、

「5人からメッセージが来て
3人メルマガ登録してくれて
見込み客3人獲得できました。」

とか

「ダイレクトメッセージ上で
5万円の商品売り込みましたが
普通に売れてびっくりしました!」

みたいな。

 

しかも教えて1日目です。
なので、今これを読み終わったら
是非やってみてください。


そんな1日に何人も友達申請来ません。
という人は、自らしてもOKです。

 

自らしてダイレクトメッセージ送られて来るので。

 

 

カウンターマーケティング応用編



普通レベルだと
ダイレクトメッセージマーケティング。

ただ僕は他の人と一緒のこととかつまらないので、
思いついたのがカウンターマーケティング。

ここで終わるのが普通ですよね。


ただ、ここで終わらないんです。

 

カウンターマーケティングの
応用編まで思いついてしまいました。


「これで終わりか」と思って
集中力が徐々に抜けているところだと思いますが
実はここからが面白いところなので
頑張ってください。

 


このカウンターマーケティングって
何もダイレクトメッセージ以外にも使えるよね?

ということに気付いたわけです。

 

そこで3つの応用編についてお話します。

 

【ケース1】
「ネットワークビジネス」

 

ネットワークビジネスの勧誘って
あらゆるところでやっていますよね。

 

渋谷のフレッシュネスバーガーのなんて
お客さんほぼ全員アムウェイの人なんじゃないか?
と言うくらい多いです。

 

まぁ歩いてすぐ近くに
アムウェイ本社なので。


そこで僕は何をしたか?

わざとネットワークビジネスの勧誘に引っかかってみました。

 

彼らの性質はダイレクトメッセージマーケティングを
やっている人たち同じなので、
カウンターマーケティングが有効なわけです。

 

つまり、
わざとひっかかり勧誘を受ける。
魅力的なビジネスですね。と乗りながらも、
少しづつ自分がどんなビジネスをしているのか話して行く。

あれ、気付いたらネットワークビジネスより
僕がやっているビジネスの方が効率的だし稼げますね。

みたいな雰囲気になる。

 

ここまで来たら簡単。

相手はネットワークビジネスをやりたいのではなくて、
お金を稼ぎたいわけなので
ネットビジネスなり、
自分のやっているビジネスでの稼ぎ方を教えてあげて、
最後は商品を買わせるか、ご自身のメディアに誘導。

これで売上が上がりますね。

 

 

【ケース2】
「セミナーセールス」

 

セミナーと言うと自分がスピーカーになることを
イメージする人が多いと思いますが違います。

 

お客さんとして参加して
カウンターマーケティングを打ち込むわけです。

面白いでしょ。


セミナーの場合方法は2通り。

「1」これは自分と同じようにセミナーに参加している
セミナー参加者にアプローチをかけていくパターン

「2」セミナー自体をジャックするパターン。


「1」に関してはなんとなくイメージつくかも知れませんが、
実は最も美味しいのが「2」。

 

実はこれ僕セミナーに参加したりすると必ずやってしまいます。
めちゃくちゃ美味しいですよ。


どうするかと言うと、
セミナーが始まるまでの時間や
セミナーの休憩時間に「1」を行います。

 

つまり、セミナー参加者数名を
自分のファンにさせます。

 

そして、質疑応答や発言できる場で
セミナー主催者をどんどん飲み込んで行きます。

 

気付いたら場が僕の方がセミナー主催者より凄いんじゃね?
みたな感じなります。

 

そうするとあら不思議。

 

セミナーが終わったら、
僕の所に人だかりがわんさか。

セミナー後に懇親会なんて合った日には
僕のための懇親会か!ってくらい、
みんな僕の隣の席を取ろうとする。

 


酷い場合だとセミナー主催者も僕に教えてくださいみたいな。

これで1日で500万以上売り上げたこともあります。

 


ただ、これには注意点が。

注意点1 
セミナー主催者のレベルが高い人相手だと
逆に自分がしょぼく見え
セミナー主催者の株が急上昇するので
自分より下の相手に仕掛けた方が良い。


注意点2
人によっては注意されることがある。
(セミナーをジャックされるって
主催側のレベルが低いことが悪いのに)


なので、この辺は気をつけてください。


他にも、
このような感じで応用できる事例が
あと3つくらいあるのですが、
長くなるのでやめておきますが、

カウンターマーケティングの
基礎を理解していれば、
どんどん思いつくと思います。

 


今日話した内容は本当に
即金性も再現性も抜群なので。

リスクはゼロなので恐れずガンガン取り組んで見てください。