スタバはなぜコーヒー1杯610円でも売れ続ける?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。じぇいです。

 

友人と鎌倉に行ってきたのですが、
鎌倉に行くとつい立ち寄ってしまうのが
鎌倉のスタバ。

 

コーヒーの良し悪しに関しては
僕は詳しくわからないけれど
スタバの空間が好きなんですよね。

 

だからよくスタバには行くのですが、
鎌倉のスタバこんな感じ。

133795

 

(写真を撮り忘れたので拾い物です)

縁側に腰掛けて、
のんびりとした時間が過ごせます。

 

目の前にはプールがあるので、
人が入るわけではないですが、
暑い日には涼しい気持ちにさせてくれる。

 

どうでも良いのですが
僕が最もよく行くスタバがこちら

有名な六本木のスタバですね。

1393904849_photo

 

ここのスタバの何が良いかと言うと、
TSUTAYAと隣接しているんですよ。

 

 

だから、コーヒー1杯片手に
本を借りてきて自分の席で読んで良いんです。
なので1日で何冊も本が読めて書籍代はかかりません。笑

 

大変TSUTAYAには申し訳ないです。

 

 

ちなみに、
脳の働きでは脳には「無音だと集中できない」という性質があります。

 

 

そして適度な雑音というのが50デシベル程度の静かな環境、
例えば図書館で作業をするよりも、70デシベルのノイズがある環境
カフェの方がクリエイティブになるようになっています。

 

 

なので僕は1日中六本木のスタバに
いるなんてことも良くあります。

 

 

昼過ぎに入って、コーヒーを頼んで
パソコン開いて仕事して、飽きたら本読んで。

 

 

朝方まで営業しているので
気付いたら朝だったなんてことしばしば。

 

それくらい居心地が良く、
集中できる環境づくりがされている。

 

さて、
スターバックスと言えば、
2014年に日本事業を100%子会社化したので
日本市場だけでのデータではありませんが、
4月に発表された業績発表を見ると
利益は16%増加。

 

売上もアナリストの予想よりは低かったものの
順調な伸びを見せていると思う。

 

 

スタバの凄いところは、
不景気だものが売れなくなったとか
世間が言っているのにも関わらず
1杯600円前後するフラペチーノがバカ売れするんですよね。

 

 

コーヒー1杯に600円って。
僕も平気で買っていますが普通に考えると高い。

 

明らかに普通のコーヒーと較べても高いのにも関わらず
多くの人がスタバのコーヒーを買ってしまうのには
しっかりとした理由があります。

 

 

それとは対照的に、
”外食産業の巨人”とまで
恐れられていたマクドナルド。

 

 

最近の業績はどうでしょうかね?

 

かなり厳しいみたいです。

 

ここ最近はずっと赤字が続いています。

 

この不景気だからこそ価格の安い
マクドナルドが売れるはずなのになぜか業績低迷。

 

不景気だから業績が低迷しそうなスタバがなぜが好調。

 

それはスタバとマックの戦略の違いにあります。

 

景気と言えば、
アベノミクスのおかげで架空経済が成長している
(実体経済は伴っていない)ことから
なんとなく世間一般的には
少し景気がよくなった気がしていると思います。

 

小泉政権あたりは不景気にデフレでした。

 

その時代に他を引き寄せない
圧倒的な人気で業績を伸ばしていたのがマクドナルド。

 

景気が多少でも上向きになりつつある現在で
なぜ不振にあえいでいるのでしょうか?

 

ちょっと思い出してみてください。

 

マクドナルドのレジの前を見ると
お客さんが揃ってある行動をとります。

 

 

それは、

スマホやケータイからクーポンを探しているんです。

 

 

マクドナルドの戦略とは
「週替りのクーポンを発行して集客を図っているんです」

 

なんとマクドナルドのクーポンというのは
日本人の4人に1人持っていると言われるほど
世の中に浸透しているんですね。

 

多くの業界でも取り入れている
クーポン戦略ですが裏を返せば、

「割引がなければ来店を控えよう!」という
”価格を買う”お客さんが増えてきます。

 

こういったお客さんの購入の判断基準は
「価格が安いか?」や「コストパフォーマンスが高いか?」
にあるわけです。

 

つまり、価格が重要なものであって、
どこの会社が提供している商品とか
ブランドとかそういったこだわりは全くないということです。

 

このようにほかに安いもの、
コストパフォーマンスの高いものがあれば
すぐに目移りして、購入先を躊躇なく変更してしまうのです。

 

マクドナルドは、
デフレ時代に価格を武器にして快進撃を続けてきましたが、
デフレの終わりが見えてくると、
それまで100円で販売していた
ハンバーガーを一気に120円に値上げしました。

 

僕が小学生の頃の2000年頃
マクドナルドのハンバーガーと言えば
平日価格で65円でした。

 

その2年後の2002年から
65円→80円→59円→80円→100円
と徐々に値上げしています。

 

 

そして2013年には120円です

 

65円という価格を知っていた僕からすると
マクドナルドのハンバーガーに120円は高すぎる。

 

と感じてしまう。

 

結果マクドナルドがこういった
価格を買う人を集めてしまったことから
値上げしたことによってお客離れが始まってしまったんです。

 

一方スタバはどうでしょうか?

 

スタバが販売しているのは価格ではなく、
”価値”を販売しています。

落ち着いた空間や
スペシャリティーコーヒーを飲むという体験価値ですね。

 

例えば、今夏に発売予定されている
新商品の値段は610円だそうです。

 

ただスタバの新商品は
発売を開始するやいなや話題が沸騰し、
予想を上回る売り上げに各店舗で完売することが多い。

 

スタバの提供する
価値に魅了された顧客は、価格に左右されることなく
スタバの創りだす空間や雰囲気に高い価値を見出しているのです。

 

なのでその体験価値を提供し続ける限りは顧客は買い続けるでしょう。

 

事実僕もスタバは価格ではなく
空間にお金を払っているといっても過言ではありません。

 

スターバックスの好業績の背景には、
このような価値を重視する顧客がひとり、
またひとりと積み重なって顧客基盤が
拡大していくという背景があるのだと思います。

 

多くの企業を見ていると
機能的価値ばかりを全面に出しているところばかり。

 

そうするとどうなるかと言うと、
コモディティ化され価格競争に巻き込まれます。

 

価格競争に巻き込まれた時点で
新しい展開を見せなければ生き残ることは難しいでしょう。

 

今後生き残れる企業とは
機能的価値の提供はもちろんのこと
感情的価値を取り入れることによって
コモディティ化されないようにすることだと思いますね。

 

まさにスタバの戦略はそれになっています。

 

PS.

法人コンサルを行っているとつくづく
価格の設定というものは大切だと感じます。

 

今回のマクドナルドのように
安ければ良いという問題でもありませんし、
スタバのように高いからダメだということもありません。

 

売上=単価×顧客数×リピート率
です。

 

つまり売上を決める要素の1つが
単価、つまり値段です。

 

極端な話売上を2倍にしたければ

単価を2倍にするだけで2倍になる。

僕はよく、コンサルで売上を2~5倍くらいまで
上げたりしますがまず行うのが価格の見直しです。

 

価格については勉強するならこの本が面白いかもしれません。
一度読んでおいて損はないと思います。

 

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。