シングルマザーが引き起こす機能不全家族問題

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんばんは。じぇいです。

 

昔で言う女性の市民的幸福論って

結婚したら専業主婦になるということだったと思います。

 

 

これは一昔前に書かれた

漫画やドラマなんてものを思い出して頂くとわかるかと思いますね。

 

昔の漫画やドラマで共働きだった設定なんて

僕は見たことありませんね。

 

 

それくらい結婚したら夫が働き、

妻は専業主婦という形が当たり前だったのにも関わらず、

最近ではかなり珍しい家族の形になりつつあります。

 

 

当たり前ですが、

共働きをする理由としては、

サラリーマンの所得が減っているのにも関わらず、

消費税率が上がり、物価も高騰していて、

夫の収入だけでは生活が厳しいからですよね。

 

まぁ人によっては夫婦共々

仕事が好きだから共働きしている場合もあると思いますが、

基本的には金銭面が問題だからだと思います。

 

 

ちなみに、大卒の女性の場合、

結婚後専業主婦になるか働き続けるかでは

生涯所得で約1億5千万円程度の差が出ます。

 

専業主婦ではなくパートやアルバイトの場合でも

約1億円程度の差が出ます。

 

 

生涯所得で1億円もの差が出るのであれば、

やはり、金銭的余裕を求めて

共働きということをするのはやむを得ないですね。

 

 

しかし、

そう考えると結婚した女性って

とてつもなく大変ですよね。

 

 

へろへろになって仕事を終えたら、

夕食の準備をしたり、家事をしたり、

次の日は夫より早く起きてお弁当を作って、

夫を送り出したら、自分が仕事に出る準備をして仕事へ向かう。

 

人によってはこれにプラスで育児ですよ。

 

 

「一人暮らしの男性だって同じことやってるし!」

 

と思うかもしれませんが、

確かにやることは同じですが

結婚した女性の場合、仕事量は倍以上ですからね。

 

 

一人暮らしのときの洗い物と、

家族複数人の洗い物を想像すれば

どのくらい大変さが違うかなんてわかりますよね。

 

 

時々男性で、古い考えの人がいますよね。

「家事は女性がするものだ!」

 

みたいなことを言う人。

 

 

いやいや、サザエさんみたいな家庭ならそう言うのはわかりますよ。

サザエさんは専業主婦だから。

 

 

でも現代は共働きですよ。

女性も働いているんです。

 

 

男性同様社会にでて仕事をして稼いできて

そして、家事、子育てしているんです。

 

 

だから、仕事から帰ってきて、

家でふんぞり返ってる様な夫は考えを見直して欲しいですね。

 

どう考えても家事も育児も分担すべきなんですよね。

 

 

ただ、分担できる環境なら良いのですが

問題なのが、昨今離婚率の上昇から

シングルマザーの割合が物凄く高くなっているんです。

 

 

共働きがベースになっている

現代では単純計算で、

一人親家庭だと共働きに比べ2倍稼がなければなりません。

 

 

つまり、家事育児はもちろんのこと、

それにプラスで仕事をしなれば

生活もままならないわけですが、

仕事をしても毎月の生活はカツカツで自分の時間なんて

ほぼ皆無に等しいと思います。

 

 

こういった問題から

日本のシングルマザーって世界で一番寝ていないとも言われています。

 

 

この状況を考えると

ブラック企業で勤めている人よりも

よっぽど過酷じゃないかなと思います。

 

 

また、以前よりは

法整備がされたとは言えばまだまだ

シングルマザーがフルタイムで仕事に就くのは難しいのが現状ですよね。

 

 

子供が体調を崩したら仕事を休んだり

早退したりしないといけなかったり。

 

 

確かにこれらを考えると

正社員として雇うのは難しいのが現実だそうですね。

 

正社員になれないので賃金が低く、

働く時間も限られてて、

自分と子供を養わないと行けない。

 

 

自分がこの状況になったらと考えるだけで

ゾッとしますね。

 

 

世間一般的に男性よりも女性の方が

強いと言われるのもわかる気がします。

 

 

こういったシングルマザーに目をつけたビジネスが風俗です。

意外にも風俗業って福祉サービスが充実しているそうです。

というかそういうマーケティングを組んでいます。

 

例えば、子供の送迎、熱を出したら病院に連れて行ってくれ

治療費は負担してくれる。給料は高い。

 

みたいな。

 

 

パートやアルバイトなどをやっているよりはよっぽど

しっかりとした生活を送ることができるので、

やむを得ず風俗で働く人が増えているみたいですね。

 

 

ドラマとかで離婚したら、

奥さんが風俗業をしていたなんてシーンがありますね。

 

「何も風俗業をする必要なんてないだろ…」

と思うかもしれませんが、

時間給が良く、福祉サービスが充実している

ということを考えると納得できるのでは無いのでしょうか?

 

このやり方は風俗業のマーケティングも

確かに上手いなとも思いますが、

それしか選択肢を与えられていない

労働市場はほんとしょうもないですね。

 

 

 

でも、やはり人によっては

風俗業は抵抗がある人も多いと思います。

 

そういう人は、

とにかくスキマ時間を見つけて

仕事を入れまくるそうですが、

そうなると、膨大な仕事量+家事+育児

をこなさなければなりません。

 

 

こんな状況になれば

当然自分の時間が減り、ストレスが溜まります。

 

 

これが原因で機能不全家族が増えています。

 

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、

機能不全家族とは

家庭内に対立や不法行為、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待が

恒常的に存在する家庭のことですね。

 

 

要は、

シングルマザーで忙しいが故に溜まるストレスを

子供にぶつけるという状況ですね。

 

 

そこで、問題なのは

機能不全家族の子供の人格が変わってしまいます。

 

 

例えば、

 

家で親に怒られないようにする人格

家では存在を消し、できるだけ静かにする人格

親のストレスの為に自ら暴力を受けようとする人格。

 

 

そしてこれらの反動は家庭の外で発散されます。

 

 

それが友達へのいじめだったり、

犯罪だったり。

 

 

母子家庭の場合犯罪を起こす割合は通常の3倍。

父子家庭の場合は通常5~6倍です。

 

 

 

反面教師という言葉がありますが、

機能不全家族でそだった子供は

自分が嫌な幼少時代を過ごしたのにも関わらず

また自分の子供を傷つける。。。

 

 

わかってはいるけれど、

自分がそういう教育を受けたから。

 

 

そうして育った子供はまた自分の子供に…

 

 

この機能不全家族になる家庭の特徴は

極端に少ない親子のコミュニケーションです。

 

 

やはり、一人親だと仕事の時間が長く

家にいる時間も少なく、

子供と接する時間も少なく。

 

 

この負の連鎖を止めるのだとしたら

いかに労働時間を削り、

家にいる時間を長くするかです。

 

 

しかし、労働時間を削れば

収入が減ります。

 

 

天秤にかけるとどちらも大切なのは当然です。

 

 

では、

もしあなたがもしその状況になったとしたら

どうやって収入を得ながら、

子供とのコミュニケーションを測る時間を取りますか?

 

 

答えは様々ありますが、

僕だったら家にいながらも収入を得られる仕事をします。

 

 

そういった意味ではやはりネットビジネスですね。

 

 

「結局ネットビジネスか!」

と思うかもしれませんが、

忙しい人程本当にオススメだと思いますね。

 

 

だって、

ネットビジネスならずっと家で仕事が出来ますし、

収入も普通のサラリーマンの収入より遥かに大きく稼ぐことができます。

 

 

実際に僕の周りでも、

元々シングルマザーをやっていたけれど

ネットビジネスやり始めて、

子供との時間も取れるようになり、

収入も満足行く程度稼げるようになった。

 

なんて人たくさんいます。

 

 

ネットビジネスの中でも

特にシングルマザーにオススメなのが、

電脳せどりですかね。

 

 

作業自体も簡単だし、即金性も高いし、家で全て作業できるし。

 

 

あとは、

クラウドソーシングで在宅で出来る仕事を請け負うなんてのも良いと思います。

 

 

大きくは稼げませんが、

内職とかちまちましたことをやるより

よっぽど効率的に稼げると思います。

 

 

まぁ何が言いたいかと言うと、

シングルマザーの仕事先が風俗業増えていますが

子供との時間が作れて、満足のいく収入を得る方法は

風俗業だけでないということです。

 

 

 

そして、もうひとつ。

 

働いているのが偉いという時代から

働いているのが当たり前の時代になったので

現在結婚していて共働きをしている家庭は、

しっかり家事を分担してあげてください。

 

と言うことです。

 

 

PS.

 

結構有名みたいですが、

とても考えさせられる動画を見つけたので

是非見てみて下さい。

 

 

とある仕事の面接をパソコン画面を通じて行った動画です。

 

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。