北川景子とおばちゃんから考える問題意識の重要さ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。じぇいです。

先日久しぶりに大人数でとボーリングに行きました。

 

ボーリングはある程度技術を身につけると
メンタルのスポーツなんて言われます。

 

大勢で行ったから各レーン3人づつにわけられました。
僕のレーンはみんな力が同じくらいで
アベレージが150~180
そこそこ出来るんですよね。

 

メンタルのスポーツと言われる通り、
ボーリングをしているとある面白い傾向がわかりました。

 

その日僕らのレーンは3人とも揃って調子が悪く、
このままいくと130くらいのペース。

 

1人は年商10億円のやり手の社長さん。
仮にA社長としましょう。

 

そして、もう1人は最近稼ぎだして月収100万円くらいのイケイケの社長さん
彼をB社長としましょう。

 

そして僕。

第2フレームを投げ終えてから年商10億のA社長が、
「今日ヤバイな…。このまま行くと負ける。。。」
一人で小さく呟きました。

 

それに対して、月収100万のイケイケのB社長は、
「何いってんスか。まだ2フレームですよ。これからこれから」

 

ゲームは進み
終盤の第8フレーム。
なんだかんだ言ってA社長は160ペース。
それに対してB社長は120ペース。

 

ここになってB社長は、
「さすがにヤバくなってきたかもな。。。」

ゲーム結果はA社長164
B社長は126
どうでもいいですが僕158

 

さて、ここで注目して頂きたいのが
それぞれのヤバいと思う問題意識に対しての尺度。

 

どういうことかと言うと、

 

それぞれの自分の持っている
アベレージに対して、
スコアが全然付いてきてなかったとして、

 

2フレームが終わった時点でヤバいと焦り出すのか、
8フレームくらいからヤバいと焦り出すのか。

 

かなり人によって尺度が違うなと。

今回のゲームはこの尺度によって決まったかなと。

 

一緒に投げていて思ったのが、
序盤はみんなスコアが悪くて同じような感じだったのに、

 

B社長
「あぁ~スペア取れなかった。9本。次はストライク取れば大丈夫。」

 

一緒に投げていても全然怖くない。
負ける気がしない。

 

でも問題意識の高いA社長は
「調子悪いな」と言いながらも僕より高いスコアで終わる。

 

この問題意識の深さ、鋭さ、尺度、ものさしが
ビジネス置いては超重要。

 

成功し続けるか成功しても消えるかを決めます。

 

あなたは問題意識にあふれて居ますかね?

 

それとも問題意識欠如されていますかね?

 

倒産する会社の社長みんな問題意識が薄い
問題意識が甘い。

 

だから危機に気付くのが遅い。

問題意識とは、ちょっと待てよこれでいいのかな?

 

この振り返りのことです。

先ほどのボーリングの話で言うと
A社長が第二フレームで言った「今日ヤバイな」
これが問題意識。

 

B社長も「ヤバイな」とは言ったけれど
言いた出したのは第8フレーム。
ゲームは終盤。

 

会社だったら倒産ですよ。

 

ボーリングの例じゃしっくりこないですかね。

 

もっとわかりやすい例で考えてみましょう。

 

例えば、

その辺の近所のおばちゃんが
「私最近太っちゃったんだよね」
という太っちゃったと、

 

 

北川景子や石原さとみの「私最近太っちゃったんだよね」
同じ言葉ですけれども、尺度が違うんですね。

 

 

北川景子は500グラム増えただけで
「私太っちゃった、どうしよう、ヤバイ」

 

 

これは問題意識が高い。

 

ところがその辺のおばちゃんは3キロ、4キロ太って

 

初めて

「私最近太っちゃったんだよね。」

と言い出す。

 

これが問題意識の尺度です。

 

どの時点で自分に振り返られるか?

 

 

経営者はこれが甘いとどんどん消えてく
そして一番経営者で一番消えてくヤバイパターンが

 

”前年度比のパーセンテージ”

 

を見ること、

 

前年度比で見ていくとどんな感じで会社が潰れていくかというと

 

社員
「社長ヤバイです。我が社は前年度比20%もダウンしています」

 

社長
「ああそか。困ったな。他社はどうなんだ」

 

社員
「こういうご時世ですから他社も20%くらいは当たり前で
悪いところだと25~30%落ちているところもあるみたいです」

 

社長
「そうか。じゃままだうちは良いほうか」

 

社員
「そうですね。社長またこれから頑張りましょう!」

 

さぁ、翌年、

社員
「社長やりましたよ。去年は20%落ちましたが、
今季は15%に留まりました」

 

社長
「そうか。去年の20%より5%も優秀だな」

 

更に翌年、

社員
「社長今年はもっと凄い。なんと10%で留まりましたよ!」

 

社長
「他は落ちているのにうちは優秀だな!みんな頑張ってくれたな」

 

さて、
最初の年から何パーセント落ちていますかね?

 

これにみんなやられるんです。
急な変化だと気付きやすいけれど
じわじわした変化に麻痺が始まるんです。

ゆでガエルの法則なんて言ったりします。

 

先ほどのダイエットの例もそうですよ。

 

高校生大学生の一番スレンダーだったときから
翌朝目覚めたら今の体型になっていたらどうですか?

 

ヤバイってなりますよ

 

しかしゆでガエルの法則にやられると、

 

このじわじわ攻撃が問題意識レベルを下げる
問題意識意識レベルが下がると
問題に気付くのが遅れる。

 

問題に気付くのが遅れると
対処しきれなくなって
潰れていく。

 

ダイエットだったら諦める。

 

あなたの問題意識はどうでしょうか?

 

夢に純粋だった頃の自分に今の自分を見せたら
なんて言われますかね?

 

しっかり描いた道を歩けていますかね?

 

それともじわりじわりと道を踏み外して
行きたくもない道を知らぬ間に歩いていませんかね?

 

今一度立ち止まって問題意識を持って振り返ってみてください。

 

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。