松本人志が若手時代お客に全くウケなかった理由

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。じぇいです。

 

先日ビジネス友達と仕事をしていると

「見てみて!!!!」

謎の文字がズラーっと並んでいます。

 

「めちゃくちゃ凄くない!
これマーケティングしてよ絶対売れる!!!」

 

ナニコレ????

 

いわゆるC言語でした。

 

プログラミングで何やら
凄いシステムを作ったらしいです。

 

よく勘違いされますが、
ネットビジネスには別にプログラミングとかC言語とか
わからなくてもビジネス出来ます。

 

というわけで僕は何がなんだかわからないから
説明してと頼んでみると…

 

「何とかかんとかが、なんちゃらで・・・・」

 

もはや何を言っていたかもわからない。
知らない国の言語を聞いている感覚です。

 

思わず、

 

あのさ、一般の人にもわかるようにC言語とか抜きに説明してくんない。

 

ということでまた説明を聞き直すが、
話の内容は理解出来たけど全く凄さがわからない。。。

 

他のプログラミングがわかる人に
そのシステムを見せるとこれ作れるの凄いなと驚いていた。

 

まぁ僕が勉強不足なのもあるけど、
他分野だし、これを普通の人に売るって
凄さ伝わらないよね。

 

つまり、

提供者と受け手の力量が
マッチングしていないということ。

 

ビジネスって最高の商品を作ろうが、
受け取る人がいて、初めて価値が生まれるわけです。

 

食べれば誰もが美味しいという
最高の料理を作ろうが、

食べたい人がいて食べてくれなければ
最高の料理も無価値ということです。

 

 

時々人のブログやメルマガを読んでいると、
自分が有りとあらゆるマニアックな知識を披露したいのか、

わざと難しい言葉を使ったり専門用語を
使って説明してる人いるんですよね。

 

これってただの自己満足で
読み手のことを全く考えてないですよね。

 

仮にどんなに凄いことが書いてあっても
読みてが理解できなければ全くの無価値です。

 

ターゲットが同じ専門分野の人なら話は別ですよ。

 

でも、これって業界歴が長かったり、
能力が長けて来たりすると陥りがちで

初心者の人の気持ちや感覚がわからなくなってしまうんですよね。

 

 

以前テレビでやっていましたが、
今や知らない人がいないだろう
ダウンタウンの松本がテレビに出始めた時、
まったく笑いが取れていなかったとか。

 

それはネタがつまらないとかトークが
つまらないが理由ではなかったそうで、

 

ダウンタウンはテレビに出始めから
芸人さんの間ではあのコンビ売れるぞ。

 

一目を置かれる存在。

 

そして、
実際にネタをすると

お笑い業界のベテラン勢は彼のネタで皆笑ってたとか。

 

 

でも、観客は全く笑わない。

 

なぜでしょうかね?
これも提供者と受け手の力量が
マッチングしてないからです。

 

この話は何年前か知りませんが、
お笑いブームって言うのは割りと
最近なのでその当初のお客さんは
笑いを見るレベルが低かったみたいですね。

 

逆に今ではお笑い番組というのは
よく目にするほど頻繁にやっていますよね。

 

いろいろなお笑い芸人を見ることで
お笑いに関する目が肥えて来たり、
知識が受け手も付いてきたので

ダウンタウンの松本の凄さが理解できるようになった。

ということです。

 

 

たしかに、小さい頃って漫才とかコントより、
一発ギャグとかリズムネタの方が好きだったし、
実際小学校とかで流行っていた。

 

でも今はリズムネタを見るより、
漫才を見るほうが楽しい。

力量によって面白いの感度が変わってくる。

 

 

つまり、
冒頭でも言いましたが、
ビジネスとは受け取る人がいて、
初めて価値が生まれるわけです。

 

ということは、

価値を感じてもらうには、
相手に合わせたレベルのコンテンツや情報発信をするか。

コンテンツや情報発信のレベルに相手を合わさせるか。

 

 

まとめサイトと言われる
キュレーションサイトの内容なんかは

前者ですね。

 

そして先ほど例に挙げたダウンタウンの松本の話は
後者ですね。

 

どんなコンテンツにしたいかによって内容は変わるということです。

 

では、
情報発信している人の
ブログやメルマガはどうでしょう?

 

ちょっと想像してみてください。

 

ターゲットが初心者でこれからビジネスを始める人に
バックエンド商品の後にワンタイムでクロスセルを用意して
購入しなかった人に対してはダウンセルも用意すると・・・

みたいな話をしたら直ぐメールを閉じますよね。

 

 

これは力量がマッチングしていないので論外です。
でも多くの人がやってしまいがち。

 


じゃ、初心者でも理解できるようにレベルを落として。

相手に合わせたレベルのコンテンツや情報発信はどうでしょう?

 

まずは、ネットビジネスと一言に言っても
せどりとか、アフィリエイトとかPPCなど他にもあるけれど
主にインターネットを使ったビジネスの総称のことです。
それでまず初心者は自分で稼ぐという感覚を見に付けて欲しいから
初心者がまずやるビジネスとはね・・・

理解できるし、このレベルだと読み進めてくれますよね。

 

でも、1ヶ月後、3ヶ月後になっても同じレベルの話をしてたら?

「はいはい。そんなの知ってるわ!!」
となりますよね。

 

じゃどうするか。

 

最初は初心者向けに入るけど
ある程度理解が深まったら専門的な話も入れていく。

 

つまり、受け手の知識レベル上げて
コンテンツや情報発信のレベルに相手を合わさせる。

ということが大切ですね。

 

例えば僕のブログ、
初心者人用の記事があり、
記事を読むと最下部に他の記事へのリンクがあって、
読んでいくと少しづつ知識が付き理解が深まる。

 

理解が深まってくると、
初心者向けの記事ではなく、
少し難しめのビジネス話の記事も読めるようになってくる。

 

逆に、ある程度ビジネスをやっている人は?

初心者向けの記事は一気にすっ飛ばして、
ビジネスマン、経営者向けの難しい話も読めるようにしてあります。

 

 

僕は、ビジネスを始めたのが19歳で
そのころから記事を書き続けているので
コピーライティングに付いてはある程度知識があるのですが、

 

コピーライティングの基本は相手を想像して記事を書くことです。

 

この記事はどんな相手に向けて書いているのか?

 

これを想像して書くか、書かないかでは、
記事の読みやすさが全く違うものになります。

 

今日話した内容は日常会話でもよく見受けられますね。

 

漫画の話するにしても、
漫画に詳しく無い人にかなりマニアックな
話している人がいます。

 

相手が理解できる範囲のマニアックさならいいですが、
相手の理解の範疇を超えた内容になると

「早くこの話おわんねーかなー」

なんて思われしまうケース
結構あるので、

 

是非、情報発信者と受け手の力量には気をつけていきましょう。

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。