スティーブジョブズが生きていてもiPhoneは終わる

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。じぇいです。

 

この時期になると

新作iPhoneが出ると言うことで

iPhoneの話題が結構上がったりしますね。

 

 

今で言えばiPhone7の販売噂プラス

先日iPhoneの累計販売台数が10億台を突破

なんてニュースが飛び交い、

ますます注目を集めていますね。

 

 

しかし、iPhoneの今年の販売台数は

前年度比より下がると既に予想されていて、

他国では大きく販売台数を下げているそうですね。

 2016-08-21_140236

 

日本はiPhoneを支えている

と言われるほどiPhoneが人気なわけですが、

世界全体で見たら大分iPhone離れが目立ってきました。

 

 

確かに、iPhone7の新しい機能として、

「ホームボタンが指圧で反応するようになった」

 

とか。

 

「画面の縁が無くなった」

 

 

というものばかり。

 

新しい機能が「ホームボタンが指圧になった」から

iPhone買おうとはなりませんよね。

 

 

 

こういったニュースを受けて、

一部では、

「スティーブジョブズが生きてたら、

今でもiPhoneはバカ売れだよ!」

 

と言っている人がいるわけです。

 

 

でもそれは違いますね。

 

 

スティーブジョブズが生きてても

iPhoneの売上は去年か今年辺りで落ちていたでしょう。

 

 

理由としては、

僕が時代を読み解く法則として用いものが2つあります。

 

それが、

”加速の法則”と”同じ成功法則は二度通用しない”

 

 

どういうことかと言うと

加速の法則は人は

早いモノを求めるという法則から考えられます。

 

 

例えば、

 

元々情報って、

手紙等でやり取りしていたのが、

ネットの発達により、

文章を書いて送信ボタンを押せば

直ぐ情報が遅れるようになりました。

 

 

 

ビジネスやり取りも、

昔はモノとお金を交換してたわけですが、

 

時代が変化すると、

モノは数日後に宅急便で送られて来て、

お金は銀行とかで振り込めばOK。

 

もう少し変化すると、

即日でモノが届き、支払いはパソコン上で決済。

 

 

 

東京から大阪に行くとして

今時歩いて行く人なんていないわけです。

 

昔は歩いていたわけですが。

 

新幹線や飛行機、車が出てきたことにより

時代が変化しました。

 

 

人はより早いモノを求めるので

これを元に考えると今後どう時代が変化するか予想が付きます。

 

 

 

そして2つ目、

同じ法則は二度通用しないというのは、

ケータイで電話ができるようになり、

電話がブームに。

 

その後メールができるようになり、

メールがブームに。

 

その後また電話のブームは来ないということ。

 

 

順番的には電話ブームが来るんだけど、

それは形を変えた状態で登場するということ。

 

 

×電話⇒メール⇒電話

 

◯電話⇒メール⇒Skype

 

 

じゃSkypeのあとは?

順番的にはメールだけど、

メールが姿を変えて登場する。

 

つまり、LINEのメッセージ機能。

 

 

 

これは全ての分野に置いて同じことが言える。

 

 

それで話を戻して、

iPhoneも同じだと言うことね。

 

 

つまりは、

ジョブズが生きていたらiPhoneは廃れているが、

違うプロダクトを作り出していただろう。

 

 

という考え方が正しいと言えます。

 

 

iPhoneが創りだしたiOS的な操作感のスマホ市場は、

iPhone5で丁度ピークを迎えています。

 

 

リリース間隔が同じなら、

iPhone10くらいまでは出るけど、

その頃にはiPhone市場は完全に衰退期で

iPhone自体の市場は縮んでいる。

 

 

これを理解しないで、

「iPhoneはジョブズがいないから終わった」

なんて議論はレベルが低すぎる。

 

 

そもそもiPhoneが誕生した時と、

現在では市場自体が大きく変化しているわけです。

 

 

iPhoneが出た時はスマホが普及していなく、

他社が出してもスマホの質は低かった。

だからその中では高機能だったiPhoneが売れた。

 

 

でも今は、iPhoneと同じくらい

高機能なスマホってたくさんあるんですよね。

 

 

市場がiPhoneに追いつき出した時点で

iPhoneの時代は終わりに向けて

少しずつ歩みを進めているわけです。

 

 

他に真似出来ない圧倒的な技術があれば

話は別ですが、今のところそんなものありませんね。

 

 

だからどんなに製品を高性能で、

ユーザーのニーズを聞き入れて、

効率的に作った所で無駄なんです。

 

 

だって、

人が「iPhoneをそんなに必要としない」ように

時代が動いているのだから。

 

 

まぁこの感覚はまだiPhoneの人気が根強い

日本にはわからないかもしれませんね。

 

 

 

これに近い例がポケモンでしょうね。

ポケモン、赤、緑、青版から始まり、

その次なるカセットで黄色版が出て、

金・銀版、クリスタル版と出て、

どんどん販売本数が激減して。

 

 

そして、ポケモンGOという

新しいプロダクトに移動して大ヒット。

 

 

 

これらの法則から考えて行くと、

次にiPhoneの様なデバイスでヒット商品がでるのは

ウェアラブル商品でしょうね。

 

 

今最も近いのはGoogle Glassですかね?

 

 

仮にGoogle Glassが出れば、

その後Google Glass2、Google Glass3・・・

 

と出て行くでしょうが、

それも気がついたら廃れて行く。

 

 

商品開発に置いて一発大きく稼ぎたいなら

今売れている商品の真似をするのではなく

次のプロダクトを見据えて

開発して行くことでしょう。

 

 

 

ということで、

スティーブジョブズが生きていても

iPhoneに終わりは来るということと、

未来予測する簡単な方法について書いて見ました。

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. こんにちは。アニーと申します。

    時代は変化していて、よりスピードが求められるようになりましたね。

    面白く記事を読ませていただきました。ありがとうございました。

      • じぇい
      • 2016年 8月 26日

      アニーさんコメントありがとうございます。
      これからは更にスピードの加速力も上がります。
      つまり、現在ビジネスが上手く行っているからといってあぐらをかいてる人や
      成長しようとしない企業などはどんどん消えて行くでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。