フリーターが年収1000万稼ぐ方法

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。じぇいです。
今日は2つテーマの話をしていきます。

1 99%が洗脳されている日本
2 年収を上げるたった2つの方法

日本のテレビや新聞は1%の支配者に管理されていて
本当にやばいことは伝えられないようになっています。

 

事実を隠しメディアや教育機関を使い
都合の良いように洗脳されているわけです。

2014年戦後初のデング熱発症ということで大騒ぎでした。
でもデング熱って実は毎年発症者出ているのが事実。

 

「あれ、なんで毎年デング熱って発症者いるのに
戦後初とか書いてるの?」

 

そして、

 

「2015年にも発症者いるのに騒がれなくなった」
3.11の東北震災。
原発漏れ。メディアは現在は問題無いという発表があるけど
当時の状況を唯一知っているのは「東電の幹部」のみ。
 
現在その人達ってどうしているか知っていますか?
 
マスメディアによって伝わる情報と
実際に起こっている問題に関しては大きな差があるので
なんでも鵜呑みにしていると危険です。

 

要は何が言いたいかというと、
僕達はしらない間に日本の都合の良いように洗脳されていることが
多いということです。
 
こういった事実を知ったりすれば
物事の見方をかなり変えることができます。
 
1つ例を出してみて考えると、
なぜ働くのか?

 

こういう問をサラリーマンの人に聞いてみると、

9割が「生活をするために働く」
この回答が返ってきます。
 
果たして働かないと生活できないのでしょうか?
 
僕の結論をから言うと
「働かなくても生活はできる」
 
多くの人は知らないうちに国から洗脳をされていて
働かないと生活できないと思い込んでいるわけです。

 

でもそんなことはありません。
 
 
だって、
「働かざる物、喰うべからず」の時代は終わったからです。
 
この言葉って第二次世界大戦後に、
日本を復旧するために、みんな力を合わせましょう。

ということから出来た言葉なんですもん。

 

もっと言うなら1日8時間労働をしましょうなんてのも
この時に作られた風習がそのまま現在の法律になっている。

いつまで戦後の気分でいるんだ。
と声を大にして言いたいわけです。

 

それは、戦後に比べて日本は豊かになったからです。
明らかに戦後と状況は違うわけです。
 
極端な話今会社勤めしている人が首になったとしても
失業保険は充実しているわけです。
 
じゃ、失業保険が貰える半年の期間が終わったらどうするか、
誰でも安心して加入できる生活保護があります。
実際に日本には既に300万人。
 
これって働かなくても年収250万くらい貰えるんですよね。笑
 
 
250万で生活は厳しいと思うなら、
島根や鳥取に引っ越す、人口が少ない過疎地域なら物価が安いから
都心に比べて贅沢ができる。
 
最悪そんな生活もできなくなり、
家もなくなりホームレスになったとしても生活は出来る。
世界一ホームレスが太っている国が日本です。

 

だって、食料の破棄が多いから意外と食料に困らないみたいですね。
公園に行けば飲水もある。
見渡して見ればわかりますが、
ホームレスの方が餓死しているの見たことありますか?
 
少なくとも僕はありません。
それくらい日本は豊かで働かなくても生活はできるということです。
 
日本人は知らぬ間に洗脳されていて
働く=義務
になっているのですが、

 

正確には
働く=権利
です。

 

別に働きたく無かったら働かなくても良いんです。
だってそれでも生活できるように制度は一応整えてあるわけですから。
 
ということを踏まえると
「生活をする為に働く」ってなんかおかしくありませんか?
 
だっていくつか例を上げたように
働かなくても最低限の生活はできるんですよ。
でも、僕もそうですがそんなことはしないわけです。

 

それには理由があって、

「贅沢をしたい」からと
「日本がダメになる」からです。

 

日本政府としては「働かなくても生活できる」
ということに気付かれてしまうと、困るんです。
それは財政問題に響くから。

 

みんながみんな生活保護でも生活できることに気付いて
実行されたらまずいわけです。
 
だからとにかく、電通や博報堂やテレビやメディアと結託して
「高い車に乗る人はかっこいい」
「良い時計を付けてると周囲からチヤホヤされる」
とか贅沢品の広告を打つわけです。

 

そうするとそれを見た人々は
生活保護のお金じゃ車は買えないから
働いてあの車買おうとなるわけです。
 
そういった感じで知らぬ間に洗脳されて
いつの間にか贅沢な生活に憧れるように教育されているわけです。
 
他にも、働く人を増やす為に、
サラリーマンとして社会に出て働かせるために教育の場を作り、
企業と結託して終身雇用制度という嘘の制度を敷いて、
全員就職すれば安泰だという嘘を刷り込ませているわけです。

 

そういう風に教育していけば、
どんどん働き手が増え、社会が回り出すわけです。
 
戦後からずっとそれを実行して、最低1日8時間とか、
日本人は働いてなんぼなんて洗脳をし続けているから
経済大国と呼ばれるまでになったわけです。
 
政府の戦略通りです。
 
サラリーマンが増えれば経済も循環に回るので
逆に起業だったり、ビジネスだったりを学校で教えないわけです。
 
もう、これに関しては国民全体が洗脳されているので
やむを得ないのです。
 
 
生まれた瞬間から洗脳が始まっているんですもん。
高級時計が出来た当初を考えてみると、
おそらく大半の人が
「高い時計?だから何??」という感じだったと思うのですが、

国民は徐々に洗脳されているので
高い時計を持っていると
「かっこいい」、「お金持ち」「成功者」
 
なんて周囲に思われてしまうんです。
結局何が言いたいか。
 
働くとは権利である。
 
現在の日本は働かなくても生活はできるような制度が敷かれている。
だから別に嫌なら働かなくても問題はない。
ただ僕らは、それに気付かれないように洗脳されている。

 

という事実を頭に入れて置いてくださいということです。

 

 

さて、ここまでは日本は洗脳社会で、
知らぬ間に働かざるをえない状況を創りだされている。
ということについてでした。
 
この記事を読んだから、
働かなくて良いんだ!働くのやめよう!
なんて人はいないわけで、
どうせ働くわけです。

 

どうせ働くなら稼ぎたいですよね。
ということでここからは年収を上げる方法について話していきます。
 
年収を上げる方法ってとても簡単です。
たった2つしかありません。
今直ぐ誰にでもできます。

 
 
年収を上げる方法とは、

1自分の時給を上げる
2働く時間を増やす

 

稼ぐということは時間を消費することでしか稼げないんです。
だから時給800円もいれば時給10万円もいます。

 

ただ、
人間スキルや才能とかは人それぞれだけど
唯一平等に与えられたものが時間。

 

これはどんな人間も24時間しかない。
それは日本にいようが、アメリカにいようが、ヨーロッパにいようが。
全員平等に24時間。
 
だから時間単価が低い人はその時間単価を埋める為に
時間を売切りして働くしかない。
これしかない。

 

だから、
自分の時給×労働時間=稼ぎ

年収1000万稼ぎたいなら
月80万稼がなければならない。
 
20日労働で稼ぐのであれば、
労働基準法通り動くなら、
1日8時間だよね。

 

それなら時給は5000円の仕事をすればいいだけ。
これで年収1000万。
でも、
時給2000円の人もいるわけで
時給5000円の人が8時間なら
時給2000円の人は2.5倍の1日20時間働けば年収1000万だよね。

 

1日20時間労働がきついなら、月10日ある休みを5日に減らしたら?
1日16時間労働で年収1000万です。
こう考えると年収1000万なんて難しくないんです。
 
別にアルバイトやってるフリーターでも
年収1000万円なんて稼げる範囲内だということを
認識して欲しい。
 
年収1000万って難しいでしょうか?
これでもやっぱり、仕事の時間が長すぎるというなら
”時給を上げる”これだけです。
 
 
では、
時給ってどうやって上げるの?
と思うかもしれませんがこれも簡単です。
 
自分でビジネスやることです。
 
だって雇われいたら時給なんてそう簡単に上がりませんし、
上がったとしてもアッパーが見えている。
 
自分でビジネスをやれば時給のアッパーなんてありません。
時給10万もいれば、50万、100万だって余裕でいるわけです。
 
自分でビジネスなんて最初わけわからないんだから、
時給100円でもいいんです。

 

経験を積んでいくと、少しづつ上がって
徐々に1000円、2000円、5000円。
と上がっていきます。
 
しかも、ネットビジネスなんて初期費用が1万円とかからできるわけです。
普通飲食店なんて始めようものなら初期費用800万円くらい必要です。
儲かるかもわからないのにいきなり-800万円スタートですよ。
 
更に、
言うならネットビジネスはレバレッジが効くので、
他のビジネスの何倍も稼げるスピードが速い。
 
だからぶっちゃけネットビジネスで年収1000万なんて
数ヶ月で出来ます。

 

これは断言します。
ここで一旦整理してみると、
どんな市場、どんなビジネスモデルでも、
原理原則的に自分の年収は、

自分の時給×時間です。
なので
自分の時給を上げて、働きまくるしか稼ぐ方法はありません。

 

それで、
自分の時給を上げるには、経験が必要。
経験には失敗も成功も必要。
失敗や成功するには作業をしなければならない。
つまり、駆け出しは働かないといけない。
 
まとめると、
年収とは時給と労働時間によって決まる。
年収1000万円程度であれば、
フリーターが働きまくれば達成可能だという事実。
ただ、上記のやり方だと労働時間が長い。
働きたくないなら時給を上げればいい。
 
時給を上げるにはビジネスをしましょう。
ということです。
 
いきなりビジネスをやりましょう。
と言われても何をやればいいかわからない人の為に
僕がせどりを始めて1ヶ月目で54万円稼いだ話。

⇒ せどりで弁当箱を売って初月で54万円儲かった話

 
Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。