父に車をプレゼント。ポンコツディーラーから車を買った話

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。じぇいです。

僕の実家には1台の車があります。

 

うちの家族は全体的に車は乗らないという事と

あとは父がその車に愛着があるので

今実家にある車はもうかれこれ

20年以上乗ってたりします。

 

 

幸いなことにこれまで大きな故障が

1度も無かったことから

車を買い換えようとは

ならなかったみたいなのですが、

 

今年の年末に車検ということだったので

親孝行という意味と自分も時々乗るということから

父に新しい車をプレゼントしよう。

ということで新車を見に行ってきました。

 

 

父が次買い換えるならBMW、Audi、LEXUS

という思いがあったらしいので3社見てきました。

 

 

僕にとっては人生初めてディーラーだったので

とてもわくわくでしたね。笑

 

 

僕は全然車に詳しく無いので

ディーラーに行って思わず見てしまうのが、

車を売るためのセールストークや交渉、

受け答えに対する対応、信念、ポリシーなどでした。

 

 

結論から言うと、

三者三様でとても面白かった。

 

 

一番最初に行ったのが

Audiでした。

 

 

Audiの担当者の印象は

売りたい商品を推してくるなというイメージ。

 

 

売りたい商品を見せて事細かに機能や性能の説明。

 

「エンジンがどうたらこうたらで・・・・」

 

車に詳しくないのでよく覚えてません。

 

特に口癖が

「ちょっとマニアックな話になってしまうのですが・・・」

 

 

この言葉をよく聞いた。

 

 

でも、個人的に見た目は一番Audiが好きでしたね。

 

 

続いて行ったのがBMW。

BMWの担当者の方は新人だったらしく、

とにかくわからないことが多い。

 

1つ質問すると、

「少々お待ちください。只今調べてきます。」

 

これが非常に多かった。

 

試乗しているときの主な会話内容は、

車の性能よりも、

なぜその人がBMWに就職したのか?

私も将来BMWの車に乗りたいですね。

 

という話から、

正直私にはまだ力が無いので、

お値段の方はあまりお安くできません。

 

 

もし、車を気に入ってお値段で悩まれる場合は

あまり大きな声では言えませんが、

当店ではなく他店のある程度なれた方に付いて頂ければ

値段の交渉もある程度出来るかと思います。

 

 

という感じで営業トークがありませんでした。

 

 

そして、最後に行ったのがLEXUS。

 

LEXUSはとにかく雰囲気作り、

ブランドイメージを徹底している印象を受けた。

 

駐車場に入るやいなや、

綺麗な受付嬢が出てきてくれて、

車の誘導をしてドアを開けてくれた。

 

 

ドリンクメニューを物凄く豊富で

相談したり話を聞いたり場所も、

しっかり1組づつ仕切りがあり、

説明は見やすいようにモニターで説明。

 

 

奥にはラウンジがあり、

Wi-Fi環境があり、ドリンク飲み放題、

ゆったりできる空間がある。

 

 

内装も無駄がなく、

ゆったりと座れるという印象。

 

 

別に僕はスポーツタイプで走らせる車より、

ゆったりと乗れるような車がよかったので

内装は一番LEXUSが気に入りました。

 

 

更に、

購入後のサポートがしっかりしていたり、

ディーラーに車を持っていけば、

いつでも何回でも洗車をしてくれるとか。

 

 

それだけ雰囲気作りや

ブランドイメージを大切にしている

印象を受けたLEXUSですが、

もっとも驚いたのが

一切値下げ交渉は応じないというところ。

 

 

これは完全にブランドイメージを保つためですね。

 

良い物は高いんだから値下げを交渉するなら

他の車を買ってください。

というスタンスなんだと思います。

 

 

そして僕が関心したのは、

値段交渉は受付けない代わりに、

今載っている車の買い取りを

少し他社より高く買取ることで

お得感を演出していました。

 

 

僕の家の車はもう20年乗っているんです。

車って基本10年経つとその車の価値って

無くなってしまうらしいですね。

 

 

当たり前ですが

他社では買い取りは愚か、

廃車代がかかるわけです。

 

 

でもLEXUSだと7万円という値が付いた。

 

 

他社は数十万円単位で

値引きに応じてくれるわけなので

7万円なんて微々たる金額ですが、

ブランドイメージを保ったまま、

少しでも安く提供する工夫は

素晴らしいと思いましたね。

 

 

これぞ世界に誇る

日本の車という感じですね。

 

 

 

さて、

ここまで読んで結果どの車を買ったと思いますか?

値段はどれも似たようなものです。

 

ちなみに僕と父の意見は全く同じでした。

 

 

答えは、

 

丁寧な対応に空間づくり

値下げ交渉に対応しないブランドイメージ、

車の他にもプラスの付加価値を付け加えていた

LEXUSではありません。

 

 

見た目が最も気に入り、

機能の細かい説明を事細かにしてくれた

Audiでもありません。

 

 

買ったのはBMWです。

 

 

では、なぜBMWにしたか?

これを説明できるのであれば

おそらくかなり優秀な営業マンになれるかと思います。

 

 

正直、車の知識が一般レベルの僕らでは

そんなにこの3社で大差を感じません

(車好きからしたら違うと思いますか)。

大体付いている機能も同じだし、

使い方は街中をゆったりと走れれば良い程度なので。

 

 

商品レベルに差が無ければ

どれを買ってもある程度満足できるので

こうなってくるとポイントは、

何を買うかから誰から買うかになります。

 

 

これは今回の車のケースに限らず

全ての商品、ネットでもリアルでも同じです。

 

 

だって、

ネットで全く同じ商品、

同じような集客数で販売しているのに

それぞれ売上って全く違いますよね。

 

 

それはなぜか?

 

それは似たような商品であれば

誰から買うかを自然と選ぶようになっているからです。

 

 

では、BMWの一見ダメそうな営業マンに同情したから?

 

というわけでもありません。

彼は確かに車の機能に付いては詳しく無いし、

あまり詳しい車の説明はありませんでした。

 

カーディーラーとしては微妙かもしれませんが

営業マンとしては素晴らしかったです。

 

 

なぜなら、正直詳しい車の機能なんて

説明する必要無いんですよね。

 

それは、

”人は理解では動かない”からです。

 

 

 

これを理解していないで

モノを売っている人が多い。

 

 

とにかくセールストークで

機能や性能、値段、必要性に付いて喋るみたいな。

 

 

別に機能や値段なんてネットがあるんだから

調べればわかります。

 

お客さんから聞いてきた質問にだけ

機能や値段の話をすればいい。

 

 

 

僕の知り合いの社長さんで

営業で世界一を取った方がいます。

 

 

彼の講演の質疑応答で

「もし、保険業界だったらどんな営業トークしますか?」

 

という質問を受けていた。

 

 

世界一が保険の営業トークするって

どんな展開で話して行くんだろう。

とても興味深かったですね。

 

 

その中の一部を紹介すると、

 

客「いや~。保険の必要性はわかってるんだけど高いんですよね。」

 

営業マン「高いのはわかりますが、

保険とはお客さんが家族を守る為の愛情の証じゃないですか。

もし、あなたが家族に対する愛情がないなら今回

この保険を契約する必要はありません。

もっと適当な安い所探してください。

私が保険を売っているのは

あなたが家族に対する愛情を形にする為に

保険という商品を売っているんです。

それをケチるなら他いきませんか?」

 

客「いや、そんな私は家族愛情が無いわけじゃないんですが。。。」

 

営業マン「ですよね~。

それでは契約して頂けるんですね。

私の目に狂いは無かった。

これで家族は安心ですね。」

 

 

内容は多少はしょりましたが

こんな感じです。

 

 

果たして営業トークを受けた人は

その商品の性能、機能を理解しましたでしょうか?

 

 

してないですね。

 

 

さて、話は戻して、

BMWの新人さんの会話内容を思い出して見ると、

「BMWに就職した理由」「いつか私もBMW乗りたいです」

とか話していましたね。

 

 

これって一見セールスに関係無さそうですが、

これは自己開示になっていて、自己開示をすると信頼関係が築けます。

 

そうすると話を聞いて貰えやすくなります。

 

そして、関節的にBMWというブランドを

手にしたことによってどんな未来が得られるのか。

これも伝えているんですよね。

 

まぁ等の本人は意識して無かったでしょうが。笑

 

 

この未来を見せるという方法が

商品をセールス時には大切。

 

如何に具体的にどんな良い未来が待っているのかを伝える。

彼はそれが非常に上手かった。

 

 

更に、

先ほども書きましたがこんな会話もありました。

 

「あまり大きな声では言えませんが、

当店ではなく他店のある程度なれた方に付いて頂ければ

値段の交渉もある程度出来るかと思います。」

 

ここには正直に物事を話しているので

更に信頼がおけるようになりますし、

一度断るという手法も使っていますね。

 

これもセールスにはかなり効果的。

 

 

先ほどの世界一の称号を手にした

営業マンのトークでもありましたね。

 

「他の安いところ探しませんか?」

「ケチるなら他当ってください。」

 

 

なぜこの断るという手法が効果的なのかと言うと、

自分と商品の希少価値が上がるからです。

 

 

他にもこれまでぐいぐい攻めてきた人が

急に素っ気ない態度になったら

なんかこちらから歩み寄りたくなる。

 

恋愛なんかでよくありますね。

そんな心理学にも基づいています。

 

 

つまり彼の営業トークは

ダメそうに見えてかなり

理にかなった営業トークをしていたんですね。

 

 

まぁ今話した内容は

世間一般的なイメージの理想的な

営業マンには程遠いので

反論したくなるかと思いますが、

事実僕らはこれらの理由が決め手になっています。

 

 

ちなみに、

試乗した後にBMWでは

新人さんの上司が出てきました。

「担当のモノが新人だったのですが

何か不手際ございませんでしたでしょうか?」

などと良い彼がやった事というのは機能や性能の説明。

 

聞いていて別に欲しくならなかった。

 

 

そこで発した父の言葉も興味深かった。

「ご丁寧にご説明ありがとうございます。

今回はBMWさんに決めさせて頂きますが、

私はこの担当してくれた◯◯さん(新人の名前)から

買わせて頂きます」

 

 

まさに自分の事正直に話しまくって自己開示し、

間接的にではありましたが、

しっかりこの車を買うとどういう未来、

ベネフィットが待っているかを伝えた

新人さんが勝ったということです。

 

何を買うではなくて

誰から買うというのが如何に効果的か

僕も改めて認識した瞬間です。

 

 

おそらく、

最初から上司が出てきていたら、

付加価値に重きを置いていた

LEXUSにしていたと思います。

 

 

BMWの新人さんは

現在の彼の方スタイルにプラスアルファで

質問されたら答えられるような

知識を付けておけば良い営業マンになると思う。

 

 

でも彼の上司を見ると

よくいる営業トークをする方だったので

彼もそんな教育をされていくのだと思うと

もったいないですね。

 

 

だから経験を積めば優秀になるとは限らないんですね。

 

 

勉強や努力する方向性を間違えると

どんどんダメになっていきますね。

 

 

人生一高い買い物になりましたが、

面白い体験と勉強ができ、

父も喜んでくれたので

個人的に良い買い物になりました。

 

Pocket

著者プロフィール20160531010432






じぇいという名前でブログを書いています。    

時給333円で働いていた凡人がたった数ヶ月で  
1億円以上の金額を稼げるように変化しました。     

 

嘘くさいですよね。


タイピングも出来なかった当時の僕が聞いても
嘘くさいと思うでしょうが、

 

そのような世界があることを知って頂いて、
具体的にどうすれば良いのかということを
このブログで読んで学んでもらいたいです。

 

このブログのコンセプトは、

「成功への抜け道」  

何言ってんだ?という感じですよね。

 

説明していきます。

 

僕が考える成功への抜け道とは、
自分に特別な才能やセンスが無かったり、
人よりも優れていないのなら、
真っ向勝負するな。

 

カッコ悪くてもいいから違う道を選んで
裏道からゴールへ迎えということです。

 

有名な坂本龍馬の言葉にもあるように 

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

これも同じような意味合いかもしれません。

 

僕は何をするにも真っ向から勝負しません。
常識に囚われません。
王道の道なんて通りません。

 

だってその辺の成功者と違って 至って凡人だったからです。

 

でも結果的に億を超える金額を稼ぎ
ビジネス成功者達と同じ立ち位置にいます。
要はゴールに向かう為のルートなんてどうでもいいということです。
詳しく知りたいという人は 下記フォームから登録してください。
当然無料です。

⇒ 時給333円から億を稼いだ方法公開

 

関連記事

コメント

  1. こんにちは、プラナです。

    とてもわかりやすくて、勉強になりました。
    今、記事を書くときに自分はどうなのか見直す
    きっかけになりました。
    ありがとうございます。

      • じぇい
      • 2016年 9月 08日

      記事を書く時というよりは
      商品をオファーしたりセールスしたりする時に
      気をつける点という感じですね。
      普段の記事の書き方はまたちょっと書き方違うので。
      是非参考にして頂けると嬉しいです。

    • てつ
    • 2016年 9月 08日

    今までの記事とは少し、構成の仕方が違うように感じました。

    様々な見せ方があるなー。
    と、思うのと同時に

    営業マンは「理想の姿を見せる」ということの

    大切さを改めて考えさせられました

    どうもありがとうございます

      • じぇい
      • 2016年 9月 09日

      記事内容によって伝えやす方って違うので
      構成や書き方、見せ方は変えたりしますね。
      でもそれをお気づきになるのが凄いですね。

      いつもご購読ありがとうございます。

    • ゆたか
    • 2016年 9月 09日

    今回の記事を読むことによって
    改めてオファーの方法を考えました
    お客様に認めてもらうのではなく

    お客様が認める

    という過程がだいじであることを
    感じ取ることが出来ました
    意欲の向上に繋がりました
    ありがとうございます

      • じぇい
      • 2016年 9月 09日

      正確に細かく言うと、オファーが大切というよりは
      オファーをするまでの過程が大切だと言うことですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マーケティング売上1億3600万突破

ブログのテーマとじぇいのプロフィール

 

初めまして。
じぇいという名前でブログを書いています。
 

仕事と寝るのが大好きな23歳。
普通の家庭に生まれ、
普通の人生を過ごしていく。

 

就活をしたく無かったので、
2012年にFacebookで知り合った3年で
8億円稼いだという社長の元ネットビジネスを学ぶ。

 

開始1ヶ月目アフィリエイト月収100万円達成
なんとなく始めたがこれでビジネスの虜に。
そこから数カ月後アフィリエイトで
月収500万円達成。

 

その後、webマーケティングを学んで21歳に
手がけたマーケティングで売上1億3000万円
利益にして1億円達成。
(webマーケティングにおいて21歳で1億円突破は恐らく業界初)

 

マーケティングは一人で全てこなしているので
金銭的余裕があっても時間的余裕がなかったので、自動で毎月収益が上がる仕組みを構築。

 

これにより月収200万円~300万円は最低でも自動で稼げるように。

 

現在は、ネットビジネスの他にも、
マーケッター、コンサルタント、転売、株、FXを中心にビジネスを展開している。

 

18歳 普通の大学生
19歳 ネットビジネスに挑戦
20歳 アフィリエイトで月収500万達成
21歳 webマーケティングで売上1億円
22歳 法人コンサルと投資を始める
23歳 投資とマーケにハマっている

 

これだけ見ると凄く見えますが、
僕は本当に普通でいわゆる凡人でした。
頭が良くなければ、特別な才能やセンスは一切ない。可もなく不可もなくでした。

 

そんな凡人が今は人よりは時間的にも金銭的にも余裕のある生活を送っています。凡人がどうやって成功を手に入れたのか?

 

僕に興味を持って頂けたら覗いてみてください。

LINE@無料登録で極秘情報をゲット

友達申請は以下のリンクをクリックするだけ。

友だち追加数

LINEのID検索で「@hzb4289b」と検索していただいてもOKです。 (@を含む)

不要だと感じた場合はブロックしていただいてかまいません。